花粉症で苦しむ男性

花粉症のシーズンを乗り越えろ!

春以外の時期にも人によって悩まされる花粉症の症状は主に鼻水・鼻詰まり・くしゃみがあります。中でも鼻詰まりは花粉症患者の9割にその症状があると言われています。当サイトで花粉症について理解してシーズンを乗り越えましょう!

花粉症はマスクだけじゃ完全に防げません

花粉症を防ぐ方法には、様々なやり方があります。その中でも、最も身近で簡単な方法の1つがマスクの着用になります。ただし、それだけでは十分に防ぐ事ができない場合もありますので、様々な対策方法を把握しておくと良いでしょう。例えば、事前の予防として有効と言われるのがハーブティーやアロマオイルです。花粉症のシーズンに入る前に嗜んでおくと、症状が生じにくく効果的とされています。ただし、予防として利用する為にはシーズンに入る前から利用し続ける必要があります。シーズン直前になって利用を初めても、十分な効果を発揮しにくい場合もありますので注意しましょう。香りの好みも人によって違いますので、シーズン前に余裕を持って利用検討を始めるのが大切です。また、花粉を予防する為の眼鏡も存在しています。目元に花粉が飛散してこないように、カバーがついている特別な眼鏡です。目の痒みに悩まされている方は、こうした道具を利用する事で、効果的な花粉症対策の1つにできます。もし、花粉症が発症してしまった場合でも、対策は可能です。耳鼻科での処置や薬の服用で、かなりの改善ができます。耳鼻科での処置では、鼻づまりが酷いという場合にも対応してもらえます。鼻洗浄を利用すれば、頑固で取れにくい鼻水も取れて、鼻通りのスッキリした状態に戻る事もできます。処方される点鼻薬や内服薬を利用する事で、長期的に安定して症状を抑えていく事が可能です。薬については、市販薬の利用も効果的な方法の1つになります。薬剤師と相談をしながら、副作用も把握した上で体に合った薬を選択すると良いでしょう。効果的な内服薬を服用すれば症状を抑え易くなりますし、点鼻薬を使用すれば即効性の高い対策になります。これらのように、花粉症対策にはマスク以外にも利用できる方法が様々にあるものです。使いやすい方法を取捨選択して、快適にシーズンを乗り切れるようにすると良いでしょう。

花粉症の予防接種もあります

現代病のひとつといわれています花粉症ですが、子供から大人まで多くに人が辛い症状に悩まされています。そんな花粉症に対処する方法として最近は予防接種が注目されているようです。辛い症状が改善するのですからすぐにでも実行に移したいところですが、副作用を心配する声も聞こえてきます。基本的に花粉症の予防接種は症状が出る2週間前といわれていますが、個人により差があるのが普通です。花粉症という名前からしますと春に発症するイメージがありますが、早いときは1月から飛び始めることもありますので12月に接種することになります。費用はあまり高くはなく千円前後が一般的です。発症してしまいますとマスクを購入したり対処用の薬を購入しますともった高額になりますので、それに比べますと安いといえます。予防接種にはいくつか種類があるのですが、気を付けなければいけないのは「ステロイド注射」です。この予防接種は効果はとてもあるのですが、副作用が強いのが難点です。どのような副作用かといいますと、気分が落ち込んだり、ホルモンの分泌が崩れたり免疫力が低下したりなどします。こうした副作用がありますので慎重に考える必要があります。次に「アレルギー物質注射」という予防接種があります。別名「減感作療法」といいますが、特定のアレルギー物質を少量だけ注射し少しずつ増やす方法です。この方法は体の免疫を上げて抵抗力を強くする方法です。この方法のメリットは副作用がほとんどないことです。また医療保険が適用されているのもメリットですが、効果が出るまでに時間がかかるのが難点です。次に「ヒスタミン注射」という接種があります。これの別名は「非得意的減感作療法」ですが、これは幅広いアレルギーに対して免疫を上げるものです。ハウスダストなどのアレルギーの方に向いている方法です。

花粉症の薬を使ってシーズンを乗り切る

毎年、花粉症の症状に悩んでいる方が楽にシーズンを乗り切る方法として、花粉症の薬を使う方法があります。今まで花粉症の薬を服用した事がない場合は、薬1つで何が変わるのかと思われるかもしれません。しかし、体に合った薬を服用すれば、鼻づまりやくしゃみ、目や鼻の痒み等の代表的な症状が緩和されて普段通りに過ごしやすくなるものです。花粉所の薬は様々ありますが、例を挙げるとアレグラは花粉症に用いられる治療薬になっています。アレグラはCMでも放送されてたので、有名なアレルギー治療薬です。その他にも、ロラタジンなどの花粉症によるアレルギー症状を抑える薬などもあります。また、花粉症の薬を服用するメリットは、まず症状の緩和が挙げられます。厄介な鼻づまりが起きにくくなりますから、鼻水を取る為にティッシュで鼻をヒリヒリさせる事もありません。また、くしゃみが出にくくなりますし、粘膜の痒みも治まりますので落ち着いて日常生活を送りやすくなるでしょう。こうした薬による症状の緩和は、耳鼻科での処置を併用すると一層効果的です。ティッシュでも取れない鼻づまりでも、鼻を洗浄して点鼻薬をつけてもらうと鼻通りがしやすいものです。自宅で鼻を洗浄する事もできますが、専用の器具を使わないとリスクが伴う事もあります。鼻を洗浄したいのであれば、耳鼻科での処置を利用する方が安心して対処できるでしょう。一方、花粉症の薬を服用するデメリットとしては、副作用の問題があります。代表的な副作用としては、まず眠くなりやすい事が挙げられるでしょう。風邪薬等でもよくある副作用ですが、花粉症の薬でも生じる場合があります。ただし、全ての薬に共通した副作用ではなく、眠くなりにくい薬もあります。選び方次第で眠気の生じにくい花粉症対策もできるものです。この他にも、喉が渇きやすくなったり、胃腸の調子が変わったりする場合もあります。ただし、デメリットは薬の選び方や服用量の調整等で対処できる場合もあります。耳鼻科で医師の診断を受けたり、薬局で薬剤師に相談をしたりする事で、体に合う薬を探しやすくなるでしょう。